三島眼科医院診療案内

川崎市高津区で眼科をお探しなら三島眼科医院へ。川崎市高津区溝ノ口駅前の眼科です。

Titlelogo2009-2_edited-1.gifenglishsite4.gifcistech2008small.gif

外来予定表
月曜日
午前:一般外来
午後:一般外来
火曜日
午前:一般外来
午後:一般外来
木曜日
午前:一般外来 蛍光眼底撮影
午後:*白内障手術(第2木曜日) 外来は予約が必要です。予約は白内障術前・術後及びレーザー治療の方などに限ります。一般の診察はありません。初診での予約はできません。
金曜日
午前:一般外来
午後:一般外来 斜弱外来 動的視野検査
土曜日
午前:一般外来 斜弱外来 動的視野検査
午後:2017年6月10日より休止
*白内障手術実施日は変更する場合があります。外来と並行して実施します。

Square_wht_Right.gif 「診療申込書および問診票」をダウンロードできます。初めて受診される方は予めプリントアウトして記入されてからご来院されますと受付が迅速に行えます。「Adobe Reader」が必要です。
LinkIcon診療申込書および問診票
getacro.gif

Square_wht_Right.gif 斜視・弱視外来  動的視野検査
視能訓練士が担当します。金曜日午後及び土曜日午前です。

視能訓練士の予定変更は三島眼科医院最新情報LinkIconにてお知らせいたします。


Square_wht_Right.gif コンタクトレンズ診療についてはこちらをご覧ください。コンタクトレンズ診療案内LinkIcon

Square_wht_Right.gif 眼鏡処方を希望される方へ
眼鏡処方の予約は現在行っていません。月曜日、火曜日、金曜日及び土曜日午前に随時行っています。

Square_wht_Right.gif 白内障日帰り手術
当医院の白内障手術はすべて日帰りで行っています。白内障手術の予約状況は当サイトホームページでご確認をお願いします。入院を希望される方は 、当医院にて入院施設のある連携病院にご紹介させていただきます。

Square_wht_Right.gif 糖尿病で眼底検査を希望される方へ
「眼の糖尿病手帳」お配りしています。診察結果を記入しますので、内科の検査結果または糖尿病手帳と併せて受診の際はご持参ください。

Square_wht_Right.gif「身体障害者福祉法」と「更正医療」
この法律により、視覚障害のある方には指定医の診断書(用紙は区役所福祉課にあります)を市町村に提出して「身体障害者手帳」の交付を受け、医療・リハビリテーションなど(更正医療・育成医療)の他、種々の特典を受けることができます。当院の院長はその指定を受けています。

Square_wht_Right.gif 病診連携
当院は、院長の出身医局を超えて多くの大学病院、総合病院と連携しています。当院で対応できない場合は患者様の病気、利便性に応じて最も適した病院を紹介することが可能です。当院の主な紹介先病院および親交のある病院です。
・院長の出身医局および関連のある病院:
東京大学附属病院、北里大学病院、関東労災病院、虎の門病院本院、山王病院、東京女子医大糖尿病センター(眼科)、日本大学板橋病院、東邦大学大橋病院、公立昭和病院、武蔵野日赤病院、JCHO東京新宿メディカルセンター(旧東京厚生年金病院)、千葉県国保旭中央病院。


・院長の出身医局以外の病院で大変にお世話になっている病院:
横浜市立大学附属病院、横浜労災病院、聖マリアンナ医科大学病院、川崎市立多摩病院、帝京溝口病院、日本医大小杉病院、昭和大学藤が丘病院、慶応大学病院、新川橋病院。
首都圏の主な病院のみを列挙しましたが、上記以外にも地方を含めて多くの病院と連携しています。白内障手術については、医学的に日帰り手術が適さないか、あるいは入院を希望する場合に紹介します。

受診時間についてのお願い
当院ではなるべく通院回数を必要最小限に押さえるように努力しています。必要な検査はなるべく一度の受診で行います。初診の方、6ヶ月以上受診されていない方、眼底検査(目薬で瞳を開く)を予定している方および視野検査を予定している方等は診察に時間を要することが予想されます。遅い時間に来院されますと一度の受診で必要な検査がすべて実施できない場合があります。午前、午後ともなるべく終了間際をさけてお時間に余裕を持ってご来院くださいますようにお願いします。
検査、診察に時間がかかることが予想される主な主訴、受診目的を列挙しました。
1.視力低下(めがね、コンタクトレンズ等で矯正)、かすみ。
2.目の外傷。
3.虫が飛んで見える(飛蚊症)。
4.視野の欠損。
5.緑内障の検査(乳頭陥凹を含む)。
6.コンタクトレンズを初めて作成する。
7.眼底検査を希望する。

担当医師紹介
院長 三島宣彦(日本眼科学会認定眼科専門医)
北里大学医学部卒業 東京大学眼科入局 (1983)
日本眼科学会認定 眼科専門医 (1989)
医学博士 (1995、東京大学)
元川崎市眼科医会理事 (2001~2005)
(職歴)
東京大学医学部附属病院眼科
公立昭和病院眼科
元千葉県国保旭中央病院眼科部長
元関東労災病院眼科部長
(所属学会)
日本眼科学会 (1983~)
American Society of Cataract and Refractive Surgery (1988~)
European Society of Cataract and Refractive Surgeons (1991~2007)
その他の当医院担当医師
加藤徹朗(日本眼科学会認定眼科専門医・横浜労災病院眼科・白内障手術担当)
大西純司(日本眼科学会認定眼科専門医・国際親善総合病院眼科・白内障手術担当)
三島和代(日本眼科学会認定眼科専門医)

健康保険証をお忘れの場合

診察費は全額実費でいただきます。後日(なるべく同一月内)健康保険証をご持参くだされば精算いたします。健康保険証のコピーは原則的に認められません。

女性の方へのお願い

目の周りのお化粧(アイシャドウ、マスカラ、着けまつげ等)は診察に差し支えますので控えめにお願いします。ご協力お願いします。

コンタクトレンズを装用されている方へのお願い

コンタクトレンズの購入、定期健診以外の目的でご来院の際はコンタクトレンズはなるべく装用しないでご来院ください。装用の場合は必ずレンズケースをご持参ください。ご協力お願いします。

目の充血でご来院の方へのお願い

伝染性のウイルス性結膜炎が疑われる場合は手の消毒および診察に使用した機械の消毒を行います。 また、なるべく流行目の原因となるウイルスの検査(涙を採取)を実施します。ご協力お願いします。